幸せに生きる

小さな成功

成功

母親が 幼い息子に絵本を読んであげました。

主人公は小さな女の子。

ママは生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で忙しい。

だから女の子は、なんでも一人で頑張ります。

パジャマに着替えたり、髪の毛を結んだり…。

いろいろやってみて、ちょっとだけうまくいく。

ある日女の子は、牛乳をこぼしながらちょっとだけコップに注ぐことができました。

それを聞いた息子は大喜び。

『すごいね!』

この言葉を聞いて、母親はハッとしたそう。

『もし自分が絵本の中のママだったら、コップに注ぐことのできた牛乳ではなく”こぼしたこと”に目を向けて、子供を怒っていたかもしれない』と。

3歳の幼い息子に、大きな気づきを与えられた…。

人が人の本質に気づかされる時、年齢は全く関係ありません。

命の大きさに変わりはなく、どの命も素晴らしいものだから。


言葉と勇気

どんなことも最初はうまくいきませんよね。初めてそれをするんですもん。

人はいくつもの失敗の中に、少しずつ成功を積み重ねることで成長していくんです。

失敗は失敗ではなく、成功の途中。

うまくいかないからこそ、うまくいくようになる。

うまくいかないということは、何かに挑戦している証拠。

素晴らしいことなんです。

人に対しても自分に対しても、『できなかったこと』ではなく『できたこと』に目を向け、『できた!できてる!もう少しやってみよう!』

そう思える言葉、背中を押す言葉をかけてあげられたら素敵です。

励ましや認めてもらう温かい心が、次の一歩を踏み出す勇気と自信に変わっていくんですから。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら