幸せに生きる

たくさんのできたこと

できたことに目を向ける

『自分は何もできない』『またうまくいかなかった』

そう思うこと、ありませんか?

一日の中で、いい気分でいる時間と何となく気分の良くない時間。どちらが多いでしょう?

いつもいい気分でいるよ!って言える人、少ないんじゃないかな。

私たちは『できたこと』より『できなかったこと』に目を向けがち。

これは自分で自分の中に『できない自分』『ダメな自分』を作り出してしまいます。

自分で自分をダメだと思うって、すごく切ないこと。いいことをしても、努力しても、誰かに褒められても…目に見える大きな変化、みんながビックリするようなことをしないと『こんなことくらいじゃ全然ダメだ』って、全部否定しちゃうんだもの。


できたことに目を向ける

できたことはたくさんある

ぜひね、『できたこと』にも目を向けてみてください。

自分のいいところを見てあげてください。

自分の思う『できた』まではまだ遠くても、『ここまでできた!』と今を肯定的に捉えてみる。

この積み重ねって本当に大切。

失敗しても、失敗するということは行動している証拠だし、『このやり方じゃうまくいかない』ということがわかったんだもん。すごい収穫なんです。

辛い状況にいても、『その中でこんなに頑張ってるんだ』って自分で自分を認めれば、えらいよ!って褒めてあげられる。

できたことに目を向けていけば、たくさんのできたことがあることに気づくことができるんです。

一日という時間をどういう気持ちで過ごすかは、自分で選ぶことができます。

何に焦点を当てるかで、気分のいい時間を増やすことも、辛い時間を増やすこともできちゃうんです。

今をどう過ごすかで、その年、そして人生の質まで変わってきます。

抱く気持ちって、ものすごく大きな影響力を持っているんですよ。

『幸せ』と思える人生を送るためにも、ぜひ今日をいい気分で過ごしてみてくださいね。

あなたの幸せを心から願っています。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら