幸せに生きる

全てのものは…

イメージ力

何かを作る時、何かを成し遂げようとする時、最初に”その状態”ができあがるのは頭の中。

何事もまず初めにすることはイメージ。

『そのものが目の前にあるかのように、もう達成したかのように頭の中で具体的にイメージすること』

そうすることで今何をすればいいのか、どうしていけばいいのかなどの行動が明確になります。


イメージの大切さ

『イメージが大事』

そうお伝えすると、否定されることも少なくありません。

イメージ、想像…どことなく非現実的なことのように感じるのかもしれません。

ですが今のこの便利な世の中は全て、イメージから作られています。

家を建てることを想像してみてください。

現時点では影も形もありません。どんな家を建てるのかも決まっていません。この状態で『家を建てたい』と言っても建てることはできませんよね。

まずは『家を建てたい』と望み、どんな家にするのかを専門家と共に具体的なイメージとして固めていき、完成図や図面を起こします。

そのためには、玄関扉のカタチ・間取り・コンセントの位置・壁紙の色・窓の位置・照明器具・床の素材・屋根・外壁・キッチン・お風呂…

全てにおいて大まかなものを具体的にし、そしてイメージ上で完成させる。

そこまでできて初めて材料を揃えることができ、家を建てることができるんです。

この明確なイメージがなければ、釘一本でさえ打つことはできません。

イメージするから現実のものにできる。イメージはとても大切なものなんです。


二回作られる

スマホやパソコン、車や電車などもそうですよね。

『こういうものがあったらいいな』という思いから『こういうものを作る』と決め、それを実際に作るためにイメージ上で完成させる。

その後、実際行動に移し『物質』を使って作り上げていく。

全てのものはイメージと実物の”二回”作られます。

一つのものを作るのに、頭の中と目で見える形の二つを作る必要がある。

そして初めはイメージから。

私たちに与えられている想像力と行動力。

どちらが片方欠けても現実にはなりません。

今回『もの』を例に挙げましたが、『夢や希望・目標』も同じです。

それを成し遂げるためには、まずはイメージすること。

夢を成し遂げた自分をイメージするから、夢に近づく行動をしていけるんです。

イメージと行動は二つで一つです。イメージは決して非現実的なものではありません。

『どんなものも二回作られる』ことを念頭に置き、望む自分を目指していってください。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら