好きなもの

自然に癒されて

自然

子供の頃から自然が好きでした。

山の中で育った影響もあるかもしれないけど、とにかく自然が好き。

山育ちの私にとって身近な自然は木や草、そして空。

空を見上げると元気になる。

朝の空も昼の空も夜の空もどれも好き。

晴れの日も雨の日も曇りの日もみんな好き。

いつだっておてんと様に見守られ、お月様に見守られ…おかげでこうして今日を生きられる。

草木に触れると癒される。

木の匂い、草の匂い、土の匂い。

風が吹くたびに葉が揺れる。その一枚一枚が命あることを教えてくれる。

自然の癒し

昨日は新月。何だか無性に自然に触れたくなり、新月の時間を迎えてから近くの公園へと行ってきました。

曇った新月の夜。外は暗いけど草木は明るい。

自然が放つ光は、細やかで柔らかい。

雲が広がる夜空から、新月のエネルギーが降り注ぐ。

うん、幸せ。

自然に触れていると『帰りたい』と思う。

家に帰りたいんじゃなくて、心が居場所を求めてる。

物質的なものから解放され、溶け込みたいと感じる。

自然が恋しい。

草木の柔らかい命の光、場所によって質も動きも違うプラーナ、宇宙の偉大なエネルギー。

これら自然を見るたび感じるたび、もっともっと成長していこうと思う。

胸を張って命の故郷へ帰れるよう一つずつカルマを解消し、大きくなっていこうと思う。

自然は偉大だ。

そんな偉大な自然に癒され、今日も空を見上げます。

心から感謝しながら…。