幸せに生きる

些細なことを続ける

継続は力

夢や希望に向かって努力する。

偉業を成し遂げる。

言葉を聞いただけでワクワクしてきます。

誰だって夢があるし、今よりもっとよくなりたいと思っています。

でも、何かを成し遂げている人を見ると『あの人だからできたんだ』『才能があるからだ』と思いませんか?

そして、『自分にはそんなことはできない』『お金も時間も才能もない』と、やりたいことを諦めてしまう…。

才能やセンスって生まれ持ったもの。そもそもスタートする時点で違うと感じるのもよくわかります。

だけど才能のある人って、才能があっても人より努力してるんですよね。

才能があるからこそ人の何倍も努力をしている。

それも、基本的なことを忠実にコツコツとこなしているんです。


応用は基本の上に

基礎の大切さ

私たちは夢を持つと、できるだけ早く望む状態になりたいと願います。

本来一段ずつ上る階段を何段も飛ばして、あっという間に夢を掴むことを願う。

気持ちはすごく良くわかります。

だから気持ちが焦っちゃう。

目新しいことをしたい。基本はわかっているからもっと大きなことをしたい。みんなが驚くことをしたいって。

もっと次、もっと次と大きなことを成し遂げようとする努力は大切だけど、それはしっかりとした基盤の上に成り立つもの。

その基盤、基礎となる部分をおろそかにして、望む状態になることは難しいです。

家もそう。基礎がしっかりしていなければ、家は簡単に傾き、最悪の場合倒壊します。

私たちも同じなんですよ。


基礎を固めて進む

達成

基礎となる部分は『こんなことしたって…』『またこれやるの?』と感じるもの。

野球の素振りなんかそうですよね。素振りってできるんですよ。だけど基本だから、プロは毎日素振りをする。何かを成し遂げている人は、基本の重要性をわかっているんです。決して飛ばすことのできないものだということを。

この些細なこと、できて当たり前のことを大切に継続していくからこそ、応用を自分のものにしていける。

あなたは当たり前を大切にしていますか?できることを確実にこなしていますか?

夢への基礎をしっかりと固め、何があっても崩れることのない階段を一段ずつ確実に登っていきましょう。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら