幸せに生きる

涙が教えてくれるもの

涙が教えてくれるもの

ある方が小さい頃、祖母に言われ続けていた言葉。

『若い時に流さなかった汗は、老いて涙に変わる』

当時は意味も分からず聞いていたそうですが、この言葉は後の彼女の生きる指針になったとか。


知って初めて”知る”

辛さ 優しさ

昔の人の言葉や、様々な経験をしてきている人の言葉には重みがあります。

机上論ではなく、実際に経験してきたからこそ発せられる言葉は、深く胸に突き刺さる。

辛い思いをするから辛さの意味がわかる。

苦しい思いをするから人の痛みがわかる。

悲しい思いをするから優しさを知る。

知っていることの中にある知らないことを、経験という形で”本当に知る”ことができる。

感情的に見れば辛いことは嫌ですよね。苦しいことも悲しいことも嫌。

それでもその経験が、この先の生き方を大きく変えてくれるんです。

痛みを知り、悲しみを知り、人を大切に思えるようになる。

嬉しいことも辛いことも、無駄なことは何一つないんです。

今の汗が、今の涙がこれからの笑顔と思いやりの心に変わっていく。

あなたはきっと、今よりずっと優しい人になる。今よりずっと愛おしいものが増えていく。

物事を深く知る、本当の意味を知るということは、愛情がより深くなっていくということなのかもしれません。

経験は宝物ですね。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら