体験談,  心と体の健康

マウスピース

歯医者

歯医者さんに提案してもらい、マウスピースを作りました。

どうも無意識に歯を食いしばっているようで…。

それを予防するための上の歯用のマウスピースです。

無意識に歯を食いしばっているということは、常に体に力が入っているということ。

リラックスするはずの睡眠時も緊張しているんですよね。

この状態が長い間続くと、体にいろんな支障が出てくるらしいです。

頭痛や肩こりなんかもそう。

どこかの骨(忘れた)が変形して血流が悪くなることも。←私ですww

ここの歯医者さんは口の中だけを診るのではなく、整体理論を取り入れて体全体のことを考えてくれるのでとてもありがたいんです。


マウスピースをつけてみて

マウスピースは基本的に食事の時以外はつけっぱなし。

とは言ってもまだ作ったばかりなので、一週間ほどは様子見。

ずっとつけていられるのか、それとも寝る時だけならいいのか、一日置きなら大丈夫なのか…と探っているところです。

歯を食いしばらないようにするマウスピースなので、その造りはしっかりと噛み合わないようになっています。

噛もうとしてもマウスピースの突起物が下の歯に当たって噛み合いません。

それが『気づき』になって、力を抜こうと思えます。

初日の夜は何度も目が覚めました。

噛もうとしても噛めない。それが気になって目が覚める。

これまで全く気付かなかったけど、寝ている間にこんなにも歯をかみしめようとしていたんだとビックリ。

ピーナッツを食べようとしても硬くて噛めない…という夢を数回見ました笑

そして目が覚めると、歯を食いしばろうとしていることに気付く。

…いやぁ、人間ってすごいですね。習慣って、無意識ってすごい。


無意識の習慣を改善

無意識の習慣を直すには、その違和感が普通になるよう努力が必要。

私、頑張ります笑

今回マウスピースを作って口元の力みが大幅に減ったおかげか、おそらく肩や首の血流が多少良くなったと思うんです。

血流が良くなると起こることって…むずむずかゆかゆです。

正座で足がしびれた経験、ありますよね。

足を崩すと…ビリビリと痛い!

それと同じ感じ。

こめかみから右肩・首・腕にかけて体の内側がむずむずかゆかゆしてたまらない。

かゆいけどかけない。

気にならない程度ならいいんですけど、ものすごくむずむずじんじんかゆかゆww

2日間『ひぃぃぃ~!!』ってなってました。

でもこれ、良くなってるってことですから。

『ひぃぃぃ~!!』と言いながらも『よくなってくれてありがとう。これまでこんなに負担をかけていたなんて…ごめんね』と体に感謝。

その後はむずむずかゆかゆもほぼ治まり、マウスピースにもだいぶ慣れてきました。

無意識の悪習慣を改善することで、また一段と健康体へと向かっております。

まだまだこれからですけどね。いい流れで来ています。

出会いって本当に大切。

素敵な歯医者さんとの出会いに感謝です。


メールマガジンメルマガ『生き方を変える自然の摂理』

自然の摂理・法則を知り、実践していくことで生き方を変えていく。そんなメルマガを毎週土曜日に発行しています。(不定期になることがあります)

登録はこちら