幸せに生きる

問題があっても幸せ

幸せ

問題って誰にでも起こります。

幸せそうに見える人でも

楽しそうに見える人でも

どんな人にも問題は起こります。

いつだってノーテンキで、物事を深く考えず

楽しいこと優先でのらりくらり生きているフジワラにも

問題は起こるんですよ~。

でもフジワラは、問題を悩みとして捉えていません。

だからいつだって幸せ。


自分を苦しめてるのは

苦しみ

生きていると本当にいろんなことが起こるから

被害者になることも不幸になることもすぐにできちゃう。

自分をかわいそうな人にすることなんて簡単なんです。

だけどそんなことしたって自分が辛い思いをするだけ。

自分はこんなに傷つけられた

自分は不幸なんだって言ってても、幸せになれないでしょ。

本当は幸せになりたいのに

自分で自分を苦しめてる。

幸せになりたいのなら、幸せになるためのことをしていく必要があるんです。

『そんなのわかってる』って思うかもしれないけど

多くの人が幸せになることと反対のことをしてる。

不平不満を言っていても幸せにはなれません。

ありがとう、幸せだね、ステキだね。

そんな気分の良くなる言葉を使っていきましょ。

幸せだから笑顔になれる。

幸せだからいい言葉を使うってのは違うよ。

笑顔でいい言葉を使うから幸せを感じられるんだよ。

欲しい状態は自分が先に求めるんです。


問題と幸せ

喜び

それにね、人は成長していく生き物。

成長を喜びとする生き物。

そして、それ相応の問題を乗り越えるから私たちは成長していける。

ってことは

問題って本当はとってもありがたいものなんだよね。

問題が起きると、魂はとても喜んでいると言われてるんですよ。

問題があるから不幸なんじゃない。

問題があっても幸せなんです。

ううん、問題があるからこそ幸せなんです。

感情を基準にしていたこれまでの思考に

ちょっと疑問を抱いてみてもいいんじゃないかな。

なぜ問題が起こるのか。

人は本来何を幸せだと感じるのか。

これまで意識しなかったそんな部分に意識を向けてみると

問題のありがたさに気づいていけますよ。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら