幸せに生きる

行動力をつける

継続は力なり

脳神経外科専門医の話。

人のやりたがらないようなことを、面倒くさがらずコツコツと取り組む。

その習慣が身につけば前頭葉が鍛えられ、意志的・主体的に行動する力の高い人になりやすい。

『やりたくないなぁ』『面倒くさいなぁ』

普段の生活の中でそう思うこと、ありませんか?

やらなきゃいけないけど、ついズルズルと引き延ばしてしまう。

ギリギリになるまで手を付けない。

私も昔、そうでしたww


それは重要な習慣

実はこれ、かなり重要な生活習慣。

やらなきゃいけないことを何とな~く引き延ばしてしまうことで、時間を無駄にするだけではなく、最終的に自分を追い詰めることにもなってしまいます。

この習慣が身についていると、 意を決してやり始めてもなかなか手が進まず、考える時間の方が長くなったり、『面倒くさい』と思いテキパキできないことも多い。

特に影響のないことならいいんですけど、例えば人生に大きく関わることだったり、やっと見つけた夢に対しても同じ思いを抱いてしまうものだから、よく考えてみると人生を左右する大きなことなんですよね。

『いやいや、人生や夢が関わるなら一生懸命やるよ』

そう思った人…ご注意を!

こういうことって”習慣”なんです。

”習慣”って無意識なんです。

『よし!やるぞ!』『必ず夢を叶えるぞ!』

そう心に決めても、普段”面倒くさい”と物事を引き延ばしてしまう習慣がついていると、 スムーズに進まなくなったり問題が起きた時、『やっぱり自分にはできない』と諦めてしまうことがとっても多いんです。

解決策を見つけることや努力をし続けることを『大変なこと・苦しいこと』と感じ、つい目をそらしてしまうから。

大変なこと・苦しいことは嫌ですもんね。

結局『自分には才能がない』『それをやるだけの条件が揃っていない』『環境が悪い』って、不平不満を言うように…。


習慣を身につける

習慣を身につける

せっかくチャンスが来ても、身についている習慣が原因でそれを見送るなんて…すごくもったいない!

ということで、行動力を高める習慣を身につけていきませんか?

これって日常生活の中でできること。簡単なことでいいんです。

一日5分、ストレッチをする。

毎日窓を一枚拭く。

食器を洗ったら必ず食器棚へしまう。

いつでも部屋を綺麗にしていおく。

毎日一ページでも本を読む…などなど。

今までやっていなかったことで、やればできる簡単なことをコツコツとやり続け、習慣にしてしまいましょう。

『そんなことやらなくても困らない』と思うことを、あえてやり続けてみる。

その繰り返しが脳を鍛え、習慣として身につき、『やろう!』と思ったことをやり遂げられる自分になっていけます。

普段やっていないことを、急にやろうと思ってもやっぱりできないんです。

いつどんなチャンスが自分に舞い込んできてもいいように、しっかりと受け入れ準備をしておきましょう。

『こんなことやったって…』と思うことこそ大事なんですよ。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら