幸せに生きる

自分を見直すと

自分を見つめる

こんなひどいことを言われたんだ。

あの人細かいよね。いちいちうるさいよね。短気だしいい加減にしてほしい。

そんな風に誰かのことを悪く思う。

そういう時って相手は悪者、自分は被害者。

”あの人”がこうだから、私が嫌な思いをするんだ…って。

私は頑張ってる。私はやってる。

だからいろいろ言われる筋合いはない。それよりも自分はどうなの?人のこと言えるの?

私は絶対に”あの人”みたいにはならない。

私は正しい、相手は間違っている。

それなのに文句を言われるからイライラする。

そう聞くと『うんうん』とうなずいてしまいそうになりますが、これ…本当にそうなんでしょうか。


みんな正しい

誰だって『自分が正しい』と思ってる。

もちろん『自分が悪い』と思うこともあります。

そういう時は素直に謝れるんですよね。

でも納得いかないことは謝れない。

『悪くないのにどうして謝らなきゃいけないの?』

そんな気持ちになる。

とは言っても、その人の立場にならなきゃわからないことって山ほどあるんですよね。

いい悪いはあくまで自分基準。その時の自分の立場や心の状態で判断しているにすぎません。

相手の立場になれば、相手と同じ気持ちになるかもしれない。

それなのに多くの場合、自分の基準で相手を責める。裁こうとする。

『自分は正しい』

もしかしたらそう思っている時が一番、平和とは程遠い場所にいるのかもしれない。

自分の考え以外は受け入れない。そんな気持ちが強くなっているから。


自分を見つめると…

きっと日常でよくあることだと思います。

嫌なこと、気に入らないこと、たくさんありますよね。

その時一方的に相手を責めるのではなく、自分自身も客観的に見つめることが大事。

気に入らなくて喧嘩をしたり、険悪な雰囲気になったりすることもあるかもしれませんが、これが個人ではなく国と国なら戦争ですもん。

相手の思いもちゃんと尊重していくことの大切さを感じます。

それに、よくよく自分を見つめなおしてみると、相手の気に入らない部分って自分にも当てはまるんです。

『いちいちうるさい!』と思う自分。自分もいちいちうるさいですよね。

『細かすぎる!』と思う自分。そんな相手の細かい部分を自分も気にしてますよね。

『嫌なことばかり言う…』と文句を言う自分。嫌な文句、自分でも言っていますよね。

結局、相手の中に自分自身を見ているんです。

相手はただ、自分では気づかない自分を映し出してくれているだけ。

だから本当は、それを身をもって教えてくれている相手に感謝なんです。

自分の中にある”嫌だ”と思う部分を直すチャンスを与えてくれているんですから。

どんな時でも冷静に客観的に物事を捉えていくと『そういう考え方もあるよね、よく考えてみればそうだよね』と思えてくるんです。

そして自分自身も態度を改められる。

成長していける。

そう思うと、世の中愛情に溢れてるなって気づいていけます。

みんな優しさ。みんな愛情。

全ての出来事に感謝して、これからも成長していけるよう努力していきたいですね。