体験談

人は変われる

人は変われる 自由

以前もブログで書いた気がしますが…

私は昔、ものすごーーく悲観的で超ネガティブでした。

毎日が辛くて悔しくて苦しくて、一人でいる時はもう泣いてばかり。

その感情を”怒り”という形で、人や自分・物に向けていたんです。

本当は悲しくて助けてほしくて甘えたいのに、人前ではそれを意地と強がりで隠していた。

『自分は強くなきゃいけない。強くなきゃ生きていけない』

そう思って…弱さを隠し続けながら”強い人”を演じてきました。

周りの人は私のことを『強い人』だと思い、自分もそれを自分だと思い込む。

『私は絶対に負けない。負けてたまるか』

そんな怒りの感情を武器に、どんなことにも負けない自分を本当の自分だと思っていたんです。

と、同時に、やっぱりネガティブなので『幸せになんてなれない。私に幸せは無縁だ。そもそも幸せを感じる心なんて持ってない』ということを疑いもしませんでした。

自分から幸せを放棄していたんです。

自分から幸せを放棄しておきながら、それはそれで悲しいんですけどね。

自分の人生にはどんどん辛いことが起こってくる。それは私が不幸だから。そういう運命だから。

辛い。苦しい。辛いことだけを経験するために産まれてきたの…?

そう思っても、誰かに弱みを見せたら自分を保っていくことができない。

だから私は強くいなきゃいけない。

いつも矛盾だらけ、葛藤だらけのギリギリのところで生きていました。

でも、そんな状態でい続けられるわけもなく…ww

限界ってあるんですよねww

ある日突然、何かがはじけました。

『もう無理!やめた!バカバカしい!!これだけ頑張って必死になって苦しむなら、頑張らないで苦しい方がいい!』と。

開き直りですww

そこからですかね…何だか気持ちが楽になったの。

あんなに生きづらかった毎日が、前よりはいいかも…と感じるようになってきたんです。

その後もいろんなことがあって感情は振り回されっぱなしでしたけど、それでも何とかやってきた。

そして今がある。

あんなに悲観的で短気で、幸せを放棄して強がっていた私が、今はとても幸せで本当にいい気分で毎日を過ごしているんです。

嘘みたい…。

自分が体験しているからものすごくよくわかるんですけど、人って変われるんですよね。

というか、後付けされた『自分だと思っている自分』が自分じゃなかったとわかると、心はだいぶ楽になる。

泣きたい時は泣いたっていいし、辛い時は辛いって言っていい。

弱い自分も淋しがり屋の自分も全部が自分。

それを認めてあげると、自分のことが好きになっていく。

やっぱりね、心に嘘をつくのってキツイです。

それまで必死に生きてきた自分を否定する気は全くないし、当時の私はそうじゃなきゃ本当に生きてこられなかったと思うんです。

だからこそ『よく頑張ったよね。すごいよね。ありがとう。でももういいんだよ。頑張らなくていいんだよ』って抱きしめて認めてあげる。

そして自分を大切にしてあげる。

生きている限り問題はどんどん起こるし、私は今もいろんな問題に囲まれています笑

それでも幸せ。

勝手に決めたルールや思い込みで自分を追い詰め、辛いことを余計に辛くすることがなくなったから。

必要以上に思い悩むことがなくなったから。

問題が起きることの意味も分かるようになり、感情をコントロールしていけるようになってきたから。

人間ってすごい。

きっと昔の私と同じように、今を必死に生きている人はたくさんいると思うんです。

今の状態を保つのに必死で、身動きが取れずに苦しんでいる人がいると思うんです。

それでも、どんな状態でも必ず変わっていけると希望を捨てないでほしいと思います。

そして少しでも早くその苦しみから解放されて、本当はもっと自由で幸せなんだと感じられる人が増えていくことを心から願っています。